永代供養なら念佛寺へ。奈良県天理市中山町にある大塚山寳性院念佛寺は石上神宮と三輪の大神神社の間、日本最古道といわれる山の辺の道沿いにある浄土宗のお寺

念佛寺とご本尊「阿弥陀如来立像」


阿弥陀如来立像


 「大塚山寳性院 念佛寺」は、創建年代こそ不詳ではありますが、行基により開基されたとされ、15世紀ごろまで存続し、今は廃寺となった真言宗「中山寺」の一坊であったと伝えられています。
 その後、1652(承応元)年、直至上人( ちょくし )の時に浄土宗に改められたとされます。室町時代の1498(明応7)年に地震で炎上し、1550(天文19)年に当時権力を誇っていた十市城主・十市遠忠(とおちのとおただ)により再興されましたが、1709(宝永6)年に再び焼失、同年沢公により再建されました。
 二度にわたる災難にも関わらず、ご本尊の「阿弥陀如来立像」は、幸いにも焼失を免れました。


 

 また境内には平安時代の武官・坂上田村麿の墓(首塚)である高さ2mの五輪塔や、南北朝時代1349(貞和5)年の地蔵石仏もあります。


 周辺にも17世紀から18世紀に建塔の盛期を迎えた9400基あまりの石塔が点在し、奈良盆地最大級の郷墓といわれています。古来より四季折々の自然美が歌に詠まれる絶景の地は、人々の魂を鎮める地でもありました。

 

静かな古刹にて、いにしえの息遣いに耳をすませてみられませんか?

 

坂上田村麿の首塚